髪の毛の基礎知識

育毛辞典TOP
髪の基礎知識
ヘアサイクル
毛乳頭と毛母細胞の働き
発毛剤・育毛剤・養毛剤
脱毛症の種類と特徴
円形脱毛症の原因と治療法
人工毛植毛と自毛植毛
 

育毛関連情報

お勧め育毛シャンプー
お勧め育毛剤
お勧め育毛サプリメント
育毛剤の浸透力
生え際に効果のある育毛剤
キャピキシルを配合した育毛剤
成長因子と育毛との関連
眼精疲労と薄毛との関連
有酸素運動で育毛促進
皮脂の役割と育毛との関係
頭皮の乾燥は育毛の大敵
頭皮マッサージで育毛促進
界面活性剤
育毛シャンプーの育毛効果
 

AGAの仕組みと原因

AGAの仕組み
AGAの原因
薄毛と遺伝
AGA遺伝子検査
女性の薄毛の原因と対策
 

AGAへの対策

AGA対策
AGA対策成分-1
AGA対策成分-2
AGAは早めの対策が重要
髪を太くする方法
髪を早く伸ばす方法
 

AGA用語

男性ホルモン
5αリダクターゼ
5αDHT
退行期誘導因子「TGF-β」
ハミルトンの実験
 

白髪の原因と対策

白髪の原因と対策
白髪は治るのか
白髪染めとヘアカラーの違い
白髪染めによるトラブル
かぶれない低刺激の白髪染め
 

薬の副作用

フィナステリドの副作用
ミノキシジルの副作用
薬を使わない育毛
 

髪の毛を太くする方法


髪の太さ

日本人の平均的な髪の毛の太さは、細い髪で0.05mmほど、太い髪で0.1〜0.15mmほどといわれています。同じ人でも頭髪が生えている場所によって太さが変わってきます。髪の太さは一般的に加齢とともに細くなっていきます。

男性は10代から20代、女性は10代から30代にかけて太くなり、男性は20代後半から、女性も30代からだんだんと細くなっていく傾向にあります。

髪が薄くなったように見えるのは、髪の本数だけではなく髪の太さによる場合も少なくありません。

AGA(男性型脱毛症)やFAGA(女性の脱毛症)などにより髪の毛が10%細くなると、見た目には10%の髪が減っているのと同じことになります。

理論上、髪の毛が10万本の場合1万本が減っているのと同じですから見た目にも大きく変わってくることがわかります。

髪を太くすることができるのか
  
髪の毛の太さや質、白髪などは遺伝によるものが大きいと考えられています。

遺伝によって受け継がれた性質や体質は、その後大きく変化することは殆ど期待できません。従って遺伝で受け継がれた髪の太さや質、白髪などはその後、劇的に変化(細い髪が太くなったり白髪が黒い髪に戻ったり)する可能性は非常に少ないと考えられています。

しかし、AGAやFAGAなどの要因で細毛になっている場合は、シャンプーや育毛剤、生活習慣や食生活などでかなり改善することが可能です。

髪の毛を太くする方法

髪の毛を太くする方法には、大きく2通りあります。
・一時的に髪を太くする方法
・時間をかけて自分の髪の毛自体を太くする方法
です。

髪を一時的にを太くする方法

ボリュームアップシャンプーやトリートメント、ヘアワックスなどを使って髪にハリやコシを与えたり、髪に成分を浸透させたりコートしたりして髪の1本1本を太くしボリュームアップを図る方法です。

自分の髪の毛自体を太くしていくのと違って即効性がありますが、一時的なボリュームアップ目的でこれらの商品を使用している場合は注意が必要です。

市販のボリュームアップシャンプーなどもそうですが、ボリュームアップを目的としている商品の多くは、頭皮のことを考えたものが少なく頭皮に負担をかけてしまう場合があるからです。

ワックスなどはその典型で、1度や2度のシャンプーでも汚れを簡単に落とすことができません。これらは、使用するほどに育毛に悪影響を与える成分が頭皮から浸透・蓄積し、かえって薄毛・抜け毛の進行を早め、本来の自分の髪が弱ってくる原因にもなりかねません。

シャンプーやヘアワックス、ヘアスプレーなどを使用する場合は、成分に十分注意する必要があります。育毛を考える場合に最も有効な方法は、極力、ヘアワックス、ヘアスプレーなどは使用せず、育毛シャンプーの機能を有する質の良いシャンプーでボリュームアップを図ることです。

根本的に自分の髪の毛自体を太くする方法

育毛シャンプーや育毛剤、育毛サプリメントなどで時間をかけて自分の髪の毛自体を太くする方法です。

先天的なものを除き、髪の毛が細くて弱っている状態は、男性の場合はAGA(男性型脱毛症)の発症が、女性の場合はホルモンバランスの乱れによる場合やFAGA(女性の男性型脱毛症)などの発症が大きな原因の一つと考えられます。

従って、まずは何といってもAGA対策やホルモンバランスの対策を加味したAGA(FAGA)対策を行うことが先決です。

シャンプーや育毛剤、サプリメントなどでAGAやFAGAの原因となる原因を抑制したり、頭皮に栄養を与えたりすることにより、髪は太く健やかに育つことができます。

シャンプーはアミノ酸系

良質なシャンプーを使用することは、髪を健康に保ち太さを維持する基本です。日常生活で唯一、ほぼ毎日、頭皮や髪につけるものですので髪に与える影響は大変大きいものがあります。

シャンプーには、泡立てたり髪や頭皮を洗浄する目的で合成界面活性剤という成分が使用されていますが、その種類により、
@石油系・高級アルコール系
A石鹸系
Bアミノ酸系
の3種類に分けられます。

石油系・高級アルコール系のシャンプーは低コストで製造できるため価格が安価ですが、洗浄力が強く皮脂を取りすぎる傾向にあり、肌への刺激が強く頭皮や髪に残ると悪影響を及ぼします。

石鹸系のシャンプーも、石油系・高級アルコール系同様、皮脂を取りすぎる傾向にあります。アルカリ性なので肌や毛髪に若干の悪影響を与える欠点があります。また、洗い上がりの髪の手触りが悪く、キシミやすいのが特徴です。

髪の毛を太くしたい場合は、程よい洗浄力があり、頭皮に優しい「アミノ酸系」のシャンプーの使用がオススメです。その上で育毛に良い成分が配合されているものを選ぶのがベターです。

できればノンシリコンシャンプー

シャンプーやリンスなどに含まれているシリコンとは、キューティクルに付着して髪の毛をコーティングするコーティング剤のことで、見た目の艶や手触りなどをよくする効果があります。

しかし、シリコンには良いことばかりではなく、洗い流しが不十分な場合は、頭皮の毛穴にシリコンがつまり、育毛に影響を与えるという見解もあります。

また、髪をコーティングする働きからその後に行うトリートメントでは髪に成分が浸透しずらくなるという見解、さらにパーマやカラーリングなどの効き目にも影響を及ぼすといった見解もあります。

このような見解から昨今、ノンシリコンシャンプーというのが人気となっていますが、某大手メーカーは、「シリコン入りシャンプーでも問題はなくシリコン配合有無によるパーマ・ヘアカラーの効果の違いは見られない」と主張しており、現時点でシャンプーのシリコンが髪や頭皮に悪影響を与えると断定することは早計なのかもしれません。

実際、シャンプーに含まれるシリコンは分子の大きさが小さく、頭皮に残留する可能性は非常に少ないと考えられています。

特に注意すべきは、リンスやコンディショナーに含まれるシリコンです。分子の大きさが大きく、髪に付着する目的で作られていますので、頭皮や毛穴に残留する可能性も高く、頭皮につけた場合は十分に洗い流す必要があります。

シャンプーのシリコンが育毛に影響を与えるか否かは見解が分かれるところですが、髪の毛を太さを維持したい、より太くしたいと考える場合は、ノンシリコンを選択する方が無難と言えるでしょう。

ボリュームアップが期待できるアミノ酸系ノンシリコンシャンプー

髪の毛を太くする育毛剤、サプリメント

言うまでもありませんが、育毛剤や育毛サプリメントを活用することは、髪の毛を元気に太くするには非常に有効です。

特にAGA(男性の薄毛や脱毛症)やFAGA(女性の薄毛や脱毛症)が進行している方は、良質なシャンプーの使用に加えてAGA・FAGA対策成分を豊富に含む育毛剤育毛サプリメントを併用することにより髪を太く元気に育てることができます。

また、特に髪の毛の太さや強さに影響する成分としてコラーゲンや亜鉛、ソーパルメット、イソフラボンなどはAGA対策にも有効な上、髪の毛の組織を生成する細胞の生成を助けたり、AGAで細いままに抜け落ちる髪の毛を正常なヘアサイクルに導いて太くて強い髪へ育てる働きがあります。

現在では研究が進み、AGA、FAGA対策に有効で安全な成分が多数発見されており、薬のような副作用やリスクが殆どない商品も多数販売されています。
  

Copyright (C) 2013 髪の毛を太くする方法 All Rights Reserved. サイトマップ